GitHub 上で編集

依存関係

Node.js がそのように機能するために依存する依存関係がいくつかあります。

ライブラリ

V8

V8 ライブラリは、Node.js に JavaScript エンジンを提供します。これは、Node.js が V8 C++ API を介して制御するものです。 V8 は Chrome で使用するために Google によってメンテナンスされています。

libuv

もう1つの重要な依存関係は libuv です。 これは、サポートされているすべてのプラットフォームで、ノンブロッキング I/O 操作を一貫したインターフェースに抽象化するために使用される C ライブラリです。 ファイルシステム、DNS、ネットワーク、子プロセス、パイプ、シグナル処理、ポーリング、ストリーミングを処理するメカニズムを提供します。 また、オペレーティングシステムレベルで非同期的に実行することができないいくつかの作業のための 作業をオフロードするためのスレッドプールも含まれています。

http-parser

HTTP 解析は、http-parser という軽量の C ライブラリによって処理されます。 システムコールや割り当てを行わないように設計されているため、 リクエストごとのメモリ使用量は非常に小さくなっています。

c-ares

一部の非同期 DNS 要求では、Node.js は c-ares というCライブラリを使用します。 JavaScript の DNS モジュールを通して resolve() 関数ファミリとして公開されています。 lookup() 関数は、残りのコアが使用しているもので、 libuv でスレッド付きのgetaddrinfo(3) 呼び出しを利用します。 これは、c-ares が /etc/hosts、/etc/resolv.conf、および /etc/svc.conf をサポートしているが、 mDNS のようなものはサポートしていないためです。

OpenSSL

OpenSSL は、tls モジュールとcrypto モジュールの両方で広く使用されています。 それは現代の Web がセキュリティのために頼っている 多くの暗号機能の戦いでテストされた実装を提供します。

zlib

高速な圧縮と解凍のために、Node.js は gzip と libpng での使用でも知られている 業界標準の zlib ライブラリに依存しています。 Node.js は zlib を使って同期、非同期、ストリーミングの圧縮と解凍のインターフェースを作成します。

ツール

npm

Node.js はすべてモジュールであり、それに伴い高品質のパッケージマネージャが必要になります。 この目的のために、npm が作られました。 npm を使えば、あらゆるプログラミングエコシステムのコミュニティで作成されたパッケージの中で最大のものが選択でき、 Node.js アプリケーションを素早く簡単に構築することができます。

gyp

ビルドシステムは、V8 からコピーされた python ベースのプロジェクトジェネレータである gyp によって処理されます。 それは多くのプラットフォームにわたるビルドシステムで使用するためのプロジェクトファイルを生成することができます。 Node.js の大部分 (およびその依存関係) はコンパイルが必要な言語で書かれているため、 Node.js にはビルドシステムが必要です。

gtest

ネイティブコードは、Chromium から入手した gtest を使用してテストできます。 既存のノード実行可能ファイルをブートストラップする必要なしに C/C++ をテストすることができます。

上部へスクロールする